2018年07月

肌のたるみを予防する

2018年07月31日

肌のたるみを予防する



肌のたるみを予防するのに効果のあるエイジングケア化粧品はあるのでしょうか?
顔のたるみが起こる原因の1つが加齢です。
加齢を止めることはできないので、たるみ改善に効果のある対処をする必要があります。
お肌のハリを維持するために必要なコラーゲンは、加齢により減ることがあります。

それが原因で肌の弾力は失われ、たるみが目立つようになるわけです。
たるみの多い皮膚は年をとって見えるようになりますので、若さをキープしたいという人は、肌を老化させないようにすることが重要です。

たるみを予防したいという場合は、適切なスキンケアが重要です。
肌のコンディションに合わせて、エイジングケア化粧品を選択していきましょう。

肌のコンディションに合わせたエイジングケア化粧品を選ぶ女性

肌の保湿を担い、みずみずしい美しい肌であり続けるための栄養素を、皮膚につけるようにしていきましょう。

お肌に保湿の効果があるものにはセラミドがあります。また、ビタミンC誘導体は抗酸化力が高く、たるみの予防効果が期待される成分だといいます。

スキンケア効果のあるエイジングケア化粧品の中には、非常に浸透力の強いコラーゲンを配合した商品があり、人気となっています。

コラーゲンを肌の奥でつくる機能を高める成分や、新しい細胞をつくりだす機能を持っているエイジングケア化粧品も、お肌のたるみ予防に効果があると言われています。

古くなった肌に代わるための新しい皮膚を作り出したり、肌を引き締めたるみを予防する効果があるエイジングケア化粧品は、高い人気があります。

ヒアルロン酸配合のエイジングケア化粧品のイメージ

ヒアルロン酸を配合し、肌のハリやみずみずしさを維持することを目的としたエイジングケア化粧品も、たるみ予防に効果があります。

スキンケアを入念に行い、肌の保湿を保つことで、たるみを予防し、健康的な肌をキープしていられます。

日々のスキンケアを丁寧に行うことで、加齢によってでてくるたるみを予防しましょう。
ぜひ、良いエイジングケアエイジングケア化粧品でたるみ予防に励んでくださいね。

心臓の健康のために必要なビタミンD値は?

2018年07月16日

心臓の健康のために必要なビタミンD値は?



食べ物は美肌や健康で大切です。
中でもビタミン類には、お肌や健康に良い効果があります。

アンチエイジングやエイジングケアのためにビタミンを摂る方も多いですね。
そんなビタミンと言えば、A、B、C、D、Eなど様々です。

今回は「心臓の健康のために必要な、最低限のビタミンD値が特定された!」という研究報告です。
米国のインターマウンテン心研究所のチームによる研究で、米国心臓協会(AHA)の年次集会で発表されました。

エイジングケアのためにビタミンを摂る女性

まだ、論文が医学誌に掲載されていませんので、まだエビデンスとしては不十分ですが、興味深い内容です。

紫外線は、お肌の敵ですが、一方で、ビタミンDを作るには必要です。
だから、少しの時間なら紫外線を浴びることも大切です。

また、魚や魚肝油、卵黄、一部の乳製品や穀物にも含まれています。
これまでの研究では、ビタミンD欠乏が心疾患、心臓発作、脳卒中のリスクを上昇させることがわかっていました。

しかし、どの程度ビタミンDが不足すると、心臓の病気のリスクに関連するかは、はっきりしていませんでした。
今回の研究では約23万人を3年間にわたり追跡調査することで、それを調べようとしたのです。

その結果、「心臓の健康のためには、ビタミンD値は15ng/mL超であればよい」ということがわかったそうです。

ビタミンDを作るために少し紫外線を浴びる女性

従来は、ビタミンD値は30ng/mL超が正常だと考えられていましたが、最近では、15ng/mL超でも安全だと複数の研究者から提案があり、今回の研究はそれを後押しする結果だったようです。

15ng/mL超を基準にしても、まだ10人に1人はこの値を下回っているそうです。

今まで、ビタミンDを作る視点から、一定時間は日光浴の必要性も説かれていましたが、従来考えられている時間よりも少ない時間で良いかもしれませんね。

プロフィール
管理者:エイジングケアならおまかせあれ!

<< 2018年 07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリー
リンク集