アミティーザは慢性便秘治療に効果的

2017年08月14日
頑固な便秘が続くとツラいですよね。

てっとり早く解消するために、つい市販薬に頼りがちになりますが、便秘が治らないからといって、慢性的に服用していたりしませんか?

ずっと服用し続けていると、腸の動きが鈍くなってきて、そのうち、腸自身が「自分が運動しなくても便が出るから、動かなくていいか」とばかりに、便を排出することを忘れてしまいます。

こうなると、便秘がますますひどくなるという悪循環に陥ります。

アミティーザは、従来とは違う作用の新しい下剤



アミティーザという、世界では10年前から医療機関で使われている便秘治療薬があり、日本では4年前から処方されるようになったんですが、このアミティーザ、全然、他の下剤とは作用が違うお薬なんです。

小腸に作用して腸内の水分分泌量を増やすことで、便の硬さを軟らかくして、腸内で便をスムーズに移動させて自然な排便へとつなげるんです。

その他にも、アミティーザは、クロライドチャネルを活性化させて腸管粘膜上皮を修復する作用があって、これも便の通りを改善すると考えられています。

アミティーザが発売される前から、日本で使われてきた主な下剤としては、酸化マグネシウム(便を軟らかくする)やセンノシド(大腸刺激性の下剤)がありますが、これらとはまったく異なる効き方をするのがアミティーザです。従来のお薬で便秘に効果がなかった人でも、アミティーザの処方で改善されることが期待されます。

アミティーザの服用方法と副作用



アミティーザの服用方法をご紹介します。

基本的には、1回1カプセルを朝食後と夕食後に服用します。
しかし、患者さんそれぞれの状態にあわせてアミティーザは処方されますので、主治医または薬剤師さんの指示に従ってください。

アミティーザの副作用として主にみられるのが、吐き気や下痢ですが、そのような症状が現れた場合は、はやめに主治医や薬剤師さんに相談してください。アミティーザは下剤なので、下痢が見られたときは飲む用量を調節したり、吐き気が見られた時はアミティーザの服用自体を中止することもあります。

アミティーザは、腸の働きを助けて、自発的なお通じを促すため、排便時の負担を少なくしてくれます。さらに、下剤につきものの「腹痛」といったことは、アミティーザでは起こりにくい点が優れています。

病院での慢性便秘治療では、第一選択薬としても使用されるアミティーザ。アミティーザを処方された時は、用法・用量を必ず守って飲んで、ツラい便秘とサヨナラしてくださいね。

おすすめの通信販売なら、エイジングケア化粧品のナールスコム

2017年04月28日
今、日本中で通信販売花盛り。

日用品から高級ブランド品や自動車まで通信販売で売っていない商品は無いほどです。

とっても便利な通信販売、みなさんも一度は利用したことがあるのではないでしょうか?

そんな中でも種類が多いのが、化粧品などの美容系の通信販売。

ウェブでの広告からテレビCMまで通信販売の化粧品も多くの広告を出稿しています。

色々なサイト、色々な商品があるのでどの商品が良い化粧品なのかわからないし、選ぶのが難しいですよね。

良い化粧品って一体どんな化粧品なんでしょうか?

なかでも、とくに、しわやほうれい線、しみ、などのエイジングケアのための化粧品の場合は、選ぶのがさらに難しいと思っている方も多いと思います。

そこで、今回、おすすめのエイジングケア化粧品の通信販売のショップをご紹介します。


エイジングケア化粧品で大切なのは、大きく3つです。

エイジングケア化粧品の大切なポイント



1.エイジングケアの効果を発揮できる成分がしっかり入っているか?

2.安全性に配慮が十分なされているか?

3.しっかりと正しいエイジングケア情報が提供されている

この条件を満たすエイジングケア化粧品の通信販売サイトなら、まず基準に達していると考えることができます。

そんな通信販売のエイジングケア化粧品のウェブサイトの中でおすすめできるのが、ナールスコムです。

ナールスコムは、2012年に京都大学と大阪市立大学の共同開発によって生み出されたナールスゲンというエイジングケア化粧品成分を配合した基礎化粧品を取り扱っている通信販売ウェブサイトです。

ナールスコムがおすすめの理由



その理由は、コラーゲンやエラスチンなど、お肌のハリやツヤ、弾力のもとになるたんぱく質を増やすエイジングケア化粧品成分ナールスゲンやネオダーミルなどエビデンスのあるものしっかり使っていること。

また、全製品が、無着色・無香料、さらにアルコールフリーの安心設計で、敏感肌の方でも使えるような配慮があること。

そして、エイジングケアに関して、化粧品だけにとどまらない幅広い情報を発信していることです。

このようにナールスコムは、エイジングケア化粧品の通信販売では、信頼できるショップだと思います。

ネットでの受賞やメディアでもいろいろと紹介されているようです。

エイジングケア化粧品で良いものを探しているという方は、ぜひ一度、ナールスコムのサイトを覗いてみてください。

おすすめする理由がわかっていただけると思います。

そんなナールスゲンを配合した
エイジングケア化粧品を取り扱っているナールスコムでエイジングケア化粧品を選んでみてはいかがですか?

ダマスクローズのハンドクリーム

2017年02月01日
ボディケア用品といえば、体、頭、手肌からひじやかかとケアまで。

中で最も種類が多いハンドクリーム。

ワセリン、コラーゲン、ヒアルロン酸、尿素入りや香りがあるものまで様々です。
アラントインなどの抗炎症成分が入ったものまでありますね。

そんなハンドクリームは選ぶのが大変ですね。




ところで、最高級のハンドクリームが、どんなものか知っていますか?

今、世の中で最高級のハンドクリームと言えば、ダマスクローズのハンドクリームが有名ですね。

では、なぜダマスクローズのハンドクリームが最高級なのでしょうか?

ダマスクローズは「バラの女王」として、太古から女性の羨望の的。
その理由は、世界の何万ものバラの中でも、最も芳醇な匂いがあるからです。
あのマリーアントワネットもダマスクローズをはじめとするバラが大好きで、その香りにぞっこんだったそうです。

でも、実はダマスクローズは香りだけではないのです。

まず保湿効果。
ンドクリームに保湿効果は絶対マストですね。

もう1つは、殺菌作用。
手の炎症や手荒れなどを防ぐことが期待できますね。

もう1つは、リラックス効果。

ダマスクローズの最大の特徴は、芳醇な香りなのですが、この香りにリラックス効果があるのです。

ダマスクローズには、リラックス効果があって、落ち込んだり、傷ついたり、疲れた心を癒してくれるのです。

さらに、女性ホルモンのバランスを調整してくれ作用もあるのです。
これは女性にとってとても大切ですね。

さらにさらに、マスクローズには、体臭を抑える効果があるといわれています。

もう1つの効果は、紫外線吸収作用です。
つまり、紫外線対策にもなるのです。

このように、ダマスクローズには、エイジングケアにもピッタリ!!

そんな中で、ダマスクローズは、今では中国やトルコなどでも生産されていますが、ブルガリア産で、最高級。

そして、そんなブルガリア産で政府認証機関のダマスクローズを配合したハンドクリームが、「ナールスロゼ」なんです。

なんと、ダマスクローズの配合率が50%です。

さらに、ナールスゲン、セラミド、ビタミンC、ビタミンE配合。
そんなナールスロゼは、芳醇な香りのダマスクローズとエイジングケアができるハンドクリームです。

タイプはジェルタイプ。
そして、無香料・無着色なのに、ピンクで芳醇なバラの香り。

ピンクのハンド美容ジェル「ナールスロゼ」でエイジングケアを!

エイジングケアとエイジングインデックス

2017年01月29日
さて、今回のテーマは、エイジングケアを実践したりエイジングケア化粧品を選ぶ上で大切な「お肌のエイジングの指標」です。

それは、エイジングインデックスと呼ばれます。

エイジングインデックスって聞いたことがありますか?
多分、いないですよね。
それもそのはず。
エイジングインデックスって、ナールスエイジングケアアカデミーで作られた指標です。

お肌の状態を、年代別に「お肌全体の代謝」「表皮の老化」「真皮の老化」の3つを軸に、それぞれに関連する要素を8つの指標で数値化し、レーダーチャートで表現したものです。
8つの要素は、お肌の若さや老化と関係の深いもので、ターンオーバーの期間、エストロゲンの量、お肌の水分量、皮脂の量、セラミドの量、コラーゲンの量、エラスチンの量、ヒアルロン酸の量です。

それぞれのピークを100として、20代から70代までを5歳刻みでレーダーチャートにしているものです。

例えば、20歳のエイジングインデックス
コラーゲンとお肌の水分量はピークを過ぎていますが、殆どがピーク。
だれでも、この時期は美しいわけですね。
ところが、30代、40代、50代と加齢でこのレーダーチャートの面積は小さくなります。

だから、30代ころからエイジングケアが必要なのです。
ずっと、飛ばして次は70歳。残念ながら、どの要素も減ってしまっていますね。

誰にも老いはやってくるので、仕方がありませんね。
でも、大切なことを、年代別でお肌に大切な要素がどのように減っていくかをしったうえで、エイジングケアを実践すること。
エイジングインデックスは、そのためのエイジングケアをサポートするためのツールなんです。

なかでも気をつけないといけないには、30代からコラーゲンやエラスチンが減ってしまうこと。

これはほうれい線やしわ、たるみ毛穴など女性にとってとてもいやなエイジングサインの原因になってしまいます。

そんな肌老化は、ナールスゲン、ビタミンC誘導体、レチノール、ネオダーミルでしっかりエイジングケアを行いたいものです。

ぜひ、あなたのエイジングケアために使ってくださいね。

メイクアップ

2016年06月15日
今日は、メイクアップについてです。



メイクはきれいに変身をさせてくれて、気分も楽しくなりますよね。

今回はメイクアップをする上で一番大切なベ−スメイクの選び方です。

たくさんの化粧品メ−カ−があり、使い心地や値段、デザインなどで選びますよね?
しかし、選んだメ−カ−で次に迷ってしまうのが色選び。

顔の色で選んでしまい、首の色が暗くて浮いてしまったことはありませんか?

ファンデ−ションの色の選び方としては、首と頬の間のフェイスラインで選んでみてください。


くまやシミを隠したいときに必要なのが、「コンシ−ラ−」です。

コンシ−ラ−は隠したいものにより色や種類が異なります。

黒くまには、オレンジ系のコントロ−ルカラ−
青くまには、オレンシ系のコンシ−ラ−
茶くまには、イエロ−系のコンシ−ラ−
シミには硬めのコンシ−ラ−

などです。隠したい部分に少し付け伸ばし、足りなれば少しずつ足していくようにしましょう。


そして、ベ−スメイクの最後はフェイスパウダ−です。
粉浮きせず、透明感のある肌にしたいですよね。

ふんわり仕上げたいになら、ブラシで
しっかりと仕上げたいなら、パフ となりたい肌メイクに応じてメイクアップをしてください。


< 1 2 3 4 >
プロフィール
管理者:エイジングケアならおまかせあれ!

2019年 01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリー
リンク集